いつまでも元気でいたい

そんな美容と健康法まとめてみました

美容と健康法

医療費を安くする

医療費月にどれぐらい払っているか知っていますか?その医療費一生払うとなると莫大な金額になります。そんな医療費を安くする方法教えます。

入院費を安くするにはタイミングが必要
緊急ではない手術で入院する場合、入院時期によっては医療費に違いが出ます。手術を受ける場合、当然病院で診察を受けますから検査判断料と調剤基本料を取られます。この検査判断料と調剤基本料とは検査を受けたり薬をもらったときの基本料です。この検査判断料と調剤基本料は月ごとに請求されます。 つまり月をまたいで入院する場合は2ヶ月分徴収されると言うことです。緊急でない入院や1ヶ月以内で済む病気なら医療費は1ヶ月・・・(続く)
薬の値段を安くするには薬局がポイント
最近病院に行くと処方箋をもらって病院近くの薬局で薬をもらいますよね。その薬病院が教えてくれた薬局以外で薬をもらうのといつも行っている薬局で薬をもらうのとでは金額の差が出るのか? 通常薬代のほかに調剤基本料が取られます。調剤基本料とは処方箋に基づいて薬を出す基本料金のこと。この調剤基本料が病院指定の薬局以外で薬をもらうと割高になってしまうのです。 通常の調剤基本料は120円なのですが、扱う処方箋が月・・・(続く)
大きな病院とかかりつけの診療所での初診料の違い
 大きな病院は設備も整っていてなんだか行ってみたくもなります。でも大きな病院と診療所では初診料は同じでも紹介状がないと余分なお金がかかります。通常200床以上ある大きな病院は紹介状がないと保険外併用療養費が加算される場合があるのです。 つまりよほどのことがなければ初診は診療所で受診した方が安くなります。診療所で対処できなければ大きな病院に紹介状を書いてもらい紹介してもらえばいいですからね。 病院に・・・(続く)
PageTop へ