いつまでも元気でいたい

そんな美容と健康法まとめてみました

美容と健康法

トップページ>安眠枕の作り方>安眠枕の条件は高さと硬さ

安眠枕の条件は高さと硬さ

あなたの枕は楽に寝返りうてますか?無理にではなく自然にですよ。楽に寝返りができな...

あなたの枕は楽に寝返りうてますか?無理にではなく自然にですよ。楽に寝返りができない人は、枕の高さ、硬さを調整する必要があります。枕の高さは、高すぎると首に角度がつきすぎて神経を圧迫してしまいます。逆に枕の高さが低すぎると神経の根本が圧迫され、神経が悲鳴を上げます。

このように自分に合った枕でないと、神経に悪影響が出て朝目覚めた時に首が痛かったり寝起きが悪かったりします。では、自分に合った安眠枕の高さの条件は、仰向けに寝て首が床に対して15度になる枕がオススメ。人によって違いはありますが目安は5cm前後です。できれば枕の高さは調整できるとベストです。

次いで枕の硬さは、約6キロもある頭をほどよく支えられて、柔すぎて寝ている間にへこまない枕です。


カテゴリ:

PageTop へ