いつまでも元気でいたい

そんな美容と健康法まとめてみました

美容と健康法

天気の変化で痛み出すってホント

天気と痛みの原因はある器官が関係していた

天気の変化で痛み出すってホント

天気や気候が変化すると古傷が痛むってことよく聞きますよね。私も以前ギックリ腰をやったときの影響か右足がなんとなく変な感じがします。そんな天気が悪いときに痛み出す肩こりや関節痛って気のせいだと思っていました。

実はこの天気と痛みの関係、本当にあるそうです。

この天気の変化によって起こる痛みは天気痛と言われ、天気の変化である器官が原因で起こるそうです。この天気による痛みを天気痛外来で20年以上もの研究をして意外な治療法で解消した人がいます。

もし、天気の変化でなぜか古傷が痛むって人は一度相談してみてはどうでしょうか。

加齢黄斑変性はルテインで予防

加齢黄斑変性は最悪失明する非常に怖い病気

加齢黄斑変性はルテインで予防

日本でも患者が急増中の加齢黄斑変性。なんと予備軍が1,200万人以上もいるそうです。

加齢黄斑変性の黄斑とは、ものを見たときの色や明るさを認識する細胞が集中しているところ。この黄斑が何らかの原因により変形してものが歪んで見えたり見えなくなったりするのです。これが加齢黄斑変性。

この加齢黄斑変性は最悪失明する非常に怖い病気です。しかし加齢黄斑変性は予防することができます。その予防に効果的なのがカロテノイドなのです。このカロテノイドを補ってやればいいのです。

カロテノイドの一種であるルテインを多く含む緑黄色野菜がブロッコリー、チンゲンサイ、ほうれん草、小松菜になります。

これらの緑黄色野菜を毎日食べればいいのだが・・・
なかなか続かないのが現実。そこでおすすめしたいのが・・・

アンダーヘアが無い人のウィッグ

アンダーヘア専用ウィッグで陰毛復活

アンダーヘアが無い人のウィッグ

最近の女性は陰毛のお手入れは当たり前だそうですね。当然、夏の水着シーズンのためにアンダーヘアの処理をするのはわかりますが、女子雑誌のアンケートによると男性側から言われたり、自身が陰毛が長い、ゴワゴワしている、剛毛がいやなどでアンダーヘアの形や長さを整えているようです。

アンダーヘアーについては男女の考え方に違いがあり、女性はキレイにアイラインやoラインを処理する程度なのですが、男性の理想のアンダーヘアはつるつるがいいらしいです。

でも、陰毛処理しすぎて永久脱毛をしたけれど、会社の温泉旅行などでアンダーヘアがないため困ったり悩んでたりする人もいます。

でも安心。そんな世の中だから便利なものがあります。アンダーヘア専用ヘアコンタクトなるものがあります。見た目も自然で、水に濡れても不自然じゃなく泡立ちも自然で取れにくいそうです。

アンダーへアで悩んでいる人がいたら試してみると良いですよ。

アレルギー性結膜炎 花粉症とハウスダスト

アレルギー性結膜炎は、花粉症やダニ等のハウスダストによって結膜に炎症の起こる病気...

アレルギー性結膜炎 花粉症とハウスダスト

アレルギー性結膜炎は、花粉症やダニ等のハウスダストによって結膜に炎症の起こる病気で、春季カタルは重症のアレルギー性結膜炎のこと。中でも多くの人が花粉で起こるアレルギー性結膜炎に悩まされています。

花粉症の原因で有名なのが杉花粉。秋になるとブタクサなどが知られています。花粉症は花粉がきっかけにはなりますが、炎症細胞が過剰に反応して、免疫系に関係する信号伝達物質であるヒスタミンが過剰に放出されることで発症します。

花粉症の症状は、眼のかゆみ・充血・異物感・目ヤニなどです。花粉症では、毎年決まった時期に症状が現れるのが特徴です。ハウスダストによるアレルギー性結膜炎はハウスダストが原因なので症状は花粉症と同じです。花粉症との違いは、ハウスダストが原因のアレルギー性結膜炎は、年間を通じて慢性的に生じることです。その理由はハウスダストは身の回りにいつもあるからです。

デリケートゾーンのにおい

女性の尿漏れは中高年の悩みのひとつ。手っ取り早い尿漏れ対策は、生理用ナプキンを使...

デリケートゾーンのにおい

女性の尿漏れは中高年の悩みのひとつ。手っ取り早い尿漏れ対策は、生理用ナプキンを使用すること。でも、生理用ナプキンが手放せなくなり、1日中使用するようになりますよね。するとある日、自分の体から生臭い匂いが、、、そうデリケートゾーンから臭いが発生するのです。

デリケートゾーンには、常在菌ガードネレラがいます。このガードネレラが異常増殖すると異臭を放つのです。これがデリケートゾーンのにおいの原因です。

そもそも生理用ナプキンは血液を吸収するためのもの。尿を十分に吸収することはできません。そのため、十分に吸収されない尿がデリケートゾーンに残り、デリケートゾーンが高温多湿になり常在菌ガードネレラが増殖します。

尿漏れには専用の尿漏れパッドを使用しましょう。夜寝るときなんかは、デリケートゾーンの通気性をよくするためにパンツをはかないのもいいかもしれませんね。

デリケートゾーンのかゆみの原因
デリケートゾーンのかゆみの原因
デリケートゾーンのかゆみの原因は、間違った生活習慣が考えられます。きれい好きな人は要注意。トイレの便座にシートを敷いたり、ドアノブをハンカチでつかんだり、手を洗うときはいつも時間をかけて洗っていませんか?きれい好きな人は、お風呂に入ってもからだの隅々まで念入りに洗いますよね。もちろんデリケートゾーンも念入りに洗うはず。とくに生理の時は、いつもよりしっかり洗うはず。デリケートゾーンの洗いすぎが痒みの・・・(続く)
男性の頻尿の原因は前立腺?
頻尿に悩んでいませんか?男性の場合前立腺が関係している場合があります。ところで前立腺ってなんだかわかりますか?実は、前立腺を知っている人は意外と少ないのです。聞いたことはある、男性だけの病気、恥ずかしい病気などのイメージがあるようです。では頻尿の原因になる前立腺について簡単に説明しましょう。 前立腺の位置は膀胱の下にあります。ぼうこうから出ている尿道をグルッと囲んでいるのが前立腺。大きさは栗の身程・・・(続く)
頻尿の症状と検査
尿が出ない、オシッコに時間がかかる、3,4時間に1回トイレで目が覚める夜間頻尿、おしっこの勢いが弱い、残尿感がある、オシッコが我慢できないなどの症状は前立腺肥大症による頻尿の可能性があります。前立肥大症とは、前立腺の内側にある内腺が大きくなり、尿道を圧迫する病気です。そのため頻尿などの症状が出てきます。前立腺肥大症の患者はなんと約46万人もいるそうです。(平成17年厚生労働省) 頻尿に悩んでいる人・・・(続く)
前立腺が原因の頻尿治療
前立腺肥大症が原因でなる頻尿の治療法には、薬物治療と手術の治療があります。薬物治療はα遮断薬という薬を使用します。α遮断薬は、尿道を広げることができるので、頻尿治療に効果があります。このα遮断薬で効果がでない場合は、抗男性ホルモン剤を使って男性ホルモンを遮断し前立腺を縮める治療法もあります。このような薬物治療で改善が見られなかった場合に手術をすることになります。 手術となると体への負担が気になりま・・・(続く)
肩こりの原因は枕
不眠に悩んでいる人、多いですね。アンケートによれば睡眠に満足していない人が約8割、満足な睡眠がとれている人が約2割だそうです。満足に眠れていない人の内容は、首が痛い、寝起きが悪い、いつまでもボーッとしているなど。睡眠の悩みにはいびきや肩こりもあります。 実は、いびき、肩こり、不眠の原因は枕にあるようです。 枕を自分に合ったものに替えることによって、いびき、肩こり、不眠が解消されるそうです。その第一・・・(続く)
PageTop へ